2007年06月04日

自分史作りのはじまり

自分史とは何のために書くのでしょう

☆ 自分の為に書く
   (これまで生きてきた人生を書いて残す)

☆ 子孫のために書く
   (子どもたちに本当の自分を知ってもらう為に
     率直な気持ちになれる)

☆ 次の世代の若者のために
   (その時代での社会の様子がわかります)

こうしたことが考えられますが まだまだ他にも自分史制作の
目的考え方があるかもしれません。

 自分史を書くということは次の世代へのメッセージだと思います。

もう60年以上も前のこととなってしまいましたが
 戦前戦中を生きた人にとっては 命のあり方というものを
 切実に感じられたと思います。その思いを文章にすることは
  若者たちへの大きな教訓でもあります。

 これから大量に退職されるという 戦後のベビーブーム
 団塊の世代

高度成長期としての 東京オリンピックや大阪万博
新幹線や高速道路の建設などのビッグプロジェクトの推進など
日本の戦後の歴史を作って見えた方が見え
また、それぞれの普通の人においてもそうした歴史とともに
歩んで来たのです。

 人類が始めてつきに1歩を記した時の感動。
  学生運動の中での心情と社会とのかかわり
   スポーツに接し 目にした時代のヒーロー

それらをまとめ記していくことの一つ一つが
 自分史となります。

20070604自分史つくり.jpg
タグ:自分史
posted by くんた at 09:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43811169

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。